雑記

作品考察

最高の人生の見つけ方(ゴミ考察のサンプルその4)

末期癌が発覚し、二人の男が失ったものを拾いにいく物語。死が決まった二人。生は多様。死は一種のみ。失った何かを拾うための旅。片方は、我慢していたこと。もう片方は、無視していたもの。 カーターは、旅の最中で、かつて十代の頃に持っていた...
作品考察

スカーフェイス(ゴミ考察のサンプルその3)

目的→のしあがり、全てを手に入れる。 捨てたもの→後退、妥協、つながり。 捨てられなかったもの→烈火、激情 フィールド 裏社会 生活のため犯罪を犯す人間にとって、倫理観は高級嗜好品だ。倫理観を守り、生活が...
作品考察

ショーシャンクの空に(ゴミ考察のサンプルその2)

目的→理不尽な運命からの脱出 捨てたもの→居場所、順応 捨てられなかったもの→希望 デュフレーンは冤罪によって劣悪な環境の監獄に囚われることになる。調達屋のレッドに出会い、道具を調達。脱獄の活路を見出していく。 ...
作品考察

エスター(ゴミ考察のサンプルその1)

目的→生存、寄生 捨てたもの→他人、良心 捨てられなかったもの→怒り あらすじ エスターは珍しい病気にかかり、外見が少女のままで止まっていた。養子という形でいくつもの家族に潜り込み、父親を懐柔する。それに失...
記事

ゴミに関して考えたあれこれ

なんだかある日ふと、ゴミの事が気になって以来、ずっとその原因を探り続けてきた。そこで日々考えたことを徒然に書き留めていたのだけれど、どうも完成した記事になる気配がない。そこで、自分のメモに書き綴った文章を、そのまま記事にしてみることにした。...
記事

核のスイッチと人差し指

1945年、8月6日に広島、そして8月9日に長崎に、原子爆弾が落とされた。人々の生活の中に突如として現れた閃光と灼熱。約、二十数万人が亡くなったという。こうして、僕が簡単に書く「原子爆弾が落とされた」という一文の中に、どれ程の悲しみと苦...
記事

二つのブラックボックス

血管外科医のドキュメンタリーを見た。世界的な血管外科の権威であり、沢山の命を救ってきたメディカルヒーローの仕事に密着していた。自分とは全く違う世界で、全く違うものに向き合い続ける人間の意思、そして言葉。 最近、創作よりも、ドキュメン...
記事

夢遊病

今まで僕は、たくさんのことを夢見てきた。つまらない現実に追い回されながら、逃げるように夢を追ってきた。 夢は、追えば逃げて行った。掴もうとすれば、煙のように消えた。一体どこに行ったんだろう。とんと見当がつかない。カーテンの裏、ポケッ...
記事

亀と遭難

昔、小学校低学年の頃に、亀飼っていたことがある。近所のペットショップの水槽で売られていた、ミドリガメだ。当時の所持金で買えるような値段だったと思う。 生まれて初めて扱う命だったし、ゲームや友達との遊びとはまた違う喜びを感じて、毎日毎...
記事

鋼の翼 鉄のエラ

金属の話。ちょっと前に書いたエイリアンの補完記事を書いてみよう。あのエイリアンの表皮の、というか、ギーガーの画風である、金属的な質感、金属をまとった生物、その魅力。 なぜ、金属的であることに、こんなにも興味を惹かれるのか。 今...
タイトルとURLをコピーしました